logo

マイクロデベロップメント、
はじめます。

たとえば、街の人にも愛されている昔ながらの甘味処の閉店が決まったとき。
お店そのものを残すことはできなくても、アイスもなかというひとつのメニューと、その味をその街の価値として残せないだろうか。
そこに新しいアイデアを加え投資することで、より継続的に価値を生み出し続ける街の資産として成長させられないだろうか。
デベロッパーや行政が、大きな計画を練り、道路やビルなどの大きなインフラから街づくりを行うのに対し、
私たち仙六屋は、今ある一つひとつの土地、建物、機械、技術、人、想いといった小さなものを、
長期的視点・場所・ファイナンスといった不動産事業のプロセスを通して見直し、街の価値開発へとつなげていきます。
その名も、マイクロデベロップメント。まだ、前例の少ない挑戦ですが、この新しい街づくり手法を確立できれば、
日本中に個性あふれる街がもっと増えて、自分たちの街を自分たち自身で楽しくする文化がもっともっと拡がるはず。

2019年春、仙六屋。
大田区梅屋敷からマイクロデベロップメント、はじめます。

仙六屋茨田 禎之

業務内容

不動産運用

地域との縁を大切に、長期的な視点で不動産の運用を行います。不動産の可能性を探る「研究開発」としての意識を持ち、経済性と展開性に考慮しながら、挑戦的な試みを継続できる状況を目指します。

施設運営

継続的に価値を生み出す地域の資産として、一つひとつの土地・建物を運営します。常に地域への波及を意識することで、個性あふれる地域の起点となるような施設の運営を目指します。

企画立案

長期的な地域の発展につながるような、企画の立案を行います。自分たちの街を自分たち自身で楽しくする。文化を育て、経続的な発展につなげるための企画を、不動産事業及び事業投資の視点から提案します。

マイクロデベロップメント

継続的に価値を生み出し続ける地域の資産を目指して、不動産に限らず、領域を横断して事業投資を行います。投資と不動産事業とを掛け合わせることで、そこにしかない価値を後世につなぐまちづくり手法の確立を目指します。

メンバープロフィール

代表取締役
茨田禎之

Yoshiyuki Barada

1972年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒。不動産会社勤務後、家業である不動産賃貸業を事業承継する。不動産投資のみならず街の魅力度を上げるコンテンツ事業へも投資する。大田区を中心にしたエリアマネジメント会社へと事業展開中。株式会社アットカマタ代表兼務。

取締役
岸本千佳

Chika Kishimoto

1985年京都生まれ。滋賀県立大学環境建築デザイン学科卒業。東京の不動産ベンチャーを経て、2014年に京都でアッドスパイスを設立。不動産の企画・仲介・管理を一括で受け、建物と街のプロデュースを業とする。暮らしや街に関する執筆も多数。著書に『もし京都が東京だったらマップ』(イースト新書Q)、『不動産プランナー流建築リノベーション』(学芸出版社)。株式会社アッドスパイス代表取締役。

沿革

1988年1月

不動産賃貸及び不動産管理業を事業として「有限会社ユウ」法人設立

2004年2月

宅地建物取引業免許取得(免許番号:東京都知事第84120号)

2010年9月

現代表取締役茨田禎之就任

2019年3月

「有限会社ユウ」から「有限会社仙六屋」への社名変更。
新規事業としてカフェ事業を展開しながら街への関わり方を模索中。

Press/メディア掲載

  • 2020.02.25 蒲田・大森本(エイ出版)
  • 2019.10.06 大田区民ニュース
  • 2019.10.05 大田区民ニュース
  • 2019.04.01 日刊工業新聞 ニュースイッチ
  • 2019.04.01 livedoorNEWS
  • 2019.04.01 建設通信新聞DIGITAL
  • 2019.03.29 新建ハウジングDIGITAL
  • 2019.03.19 京急電鉄オフィシャルサイト KEIKYU WEB

Location

Senrokuya

〒143-0015
東京都大田区大森西6-16-18
京浜急行「梅屋敷」駅徒歩1分(高架下)

Tel: 03-6404-6907 (カフェ) 03-6404-6908 (不動産)
Open: 11:00-18:00 (カフェ) 10:00-19:00 (不動産)
Closed: 月曜日

Google Map >